So-net無料ブログ作成

読書ご紹介その1224・・・「あなたを成功に導く方法を伝授しよう 」(ジェフ・ケラー著) [読書]

少し気持ちが落ち込んでいる時にタイトルに惹かれて読んだ。読んで正解だった。

紹介されている51の方法をじっくり読んで欲しい。
メンタルなことだけではなく、行動する上で大切な手順についても言及している。

勇気の大切さ、自尊心の大切さ、自分の心の姿勢。

本書の中でもすすめられているが、何度も読み返してみようと思う。良書。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1223・・・「名探偵コナンに学ぶ ロジカルシンキングの超基本」(上野豪氏著) [読書]

超基本という看板に偽り無し。

コナンを使ったシミュレーション形式で、ロジカルシンキングの何たるかを巧みにわかりやすく説明している。

読みやすい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1222・・・「入門 AIと金融の未来」(野口悠紀雄氏著) [読書]

漠然とAIと金融の未来を考えることは出来ても、
詳しく話すように言われたら、対応出来ない人が多いのではないだろうか。
本書はAIの定義から、AIに求められているもの、
AIに期待できること、出来ないこと。
日本の現状、他国は?と言った具合に多面的にAIと金融の未来を考察している。入門書に最適な
一冊。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1221・・・「伸びる会社、沈む会社の見分け方」(小宮一慶氏著) [読書]

フレームワーク的に伸びる会社、伸びない会社を見分ける力をつける本ではない。

会社の伸びる、伸びないの要因となる
ユーザー目線、社員目線、経営者、財務の4点から見ることを扱う書。

小宮氏の会社の見方が伝わってきて、勉強になる。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1220・・・「大前研一 2019年の世界~2時間で学ぶ、今の世界を理解する3本の軸~」 [読書]

個人的に日本も世界も年々不安材料が増え、心配が多くなっていると感覚的に感じていた。
本書はそのモヤモヤとしたものを事実の分析、
データの提示により明示。
何がどう問題なのか、どう対処するべきなのかを
本書では、大前氏がわかりやすく、納得出来る説明をしている。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1219・・・「伝わる!図表のつくり方が身につく本 グラフ・図解・表にはルールがある」 [読書]

図表の意義を説く本は有っても、具体的で細かな
図表を作るポイントまで踏み込んだ本はなかなか無い。

本書はOFFICEソフトを活用して図表作成することを
想定して、具体的な操作まで説明している。

加えて、何故そのようにするのか、図表作成のツボまで
触れている。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1218・・・「いつも中途半端な自分から抜け出すコツ 」(鶴田豊和氏著) [読書]

中途半端という言葉には罪悪感を抱かせられる。

中途半端を脱するコツがあれば是非知りたい。

本書は中途半端になる原因を分析し、中途半端にならない仕組み作り、考え方のコツをコーチしてくれる。

中途半端を克服したい方にオススメしたい一冊。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1217・・・「英語は50の動詞で一気に上達する」(柴田真一氏著) [読書]

本書は50の動詞をピックアップして、それぞれの
動詞が持つ全ての意味を紹介している。

この単語はこんな意味も有ったのかと新発見が
多かったのが率直な感想。
例えば、「依存する」の印象が強いdependが
It depends.で
時と場合による
になるなど。

例文を用いて動詞の意味、その使われ方が示されているので、実践的であると思う。

本書の50の動詞をしっかりマスターして、英文に触れるられるようにしたい。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1216・・・「Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法」(ロルフ・ドベリ著,安原実津訳) [読書]

引き込まれるように読めた52の思考法。

そのタイトルだけで、ハッとさせられ、中身を読み
共感させられる説得力。

大切なことを見落としていたり、軽んじている。

どうでもいいこと、考えない方が良いことに、
心を砕き過ぎている自分に気づかされた。

本書から、思考すべきことの選択と集中を
教わった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1215・・・「やわらかく、考える。」(外山滋比古氏著) [読書]

外山さんの名言をカテゴリー分けして集めた書。

その言葉だけで重みがあるものもあれば、
作品の流れで読むからこそ、意味があるのでは
ないか?と思えるものも有った。

外山さんの作品を読んだことがある身からすると、
本書単独で外山さんの発想や、思考を知ろうと
するのは、いささか乱暴な気がします。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1214・・・「仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法 」(大嶋祥誉氏著) [読書]

<参考になったメモ>
・仕事の前に明確にゴールをイメージする。
・ゴールから逆算する。
・目標をステップに分けてそれぞれの期限を
設ける。
・必要と思われる作業をランダムに書き出し
グループ化する。
・仮説は再検証すべきものであり、絶対ではない。
・日頃から「自分だったらこうする」と考える
習慣をつけて、仮説力を磨く。
・仕事の設計図を紙1枚にまとめる。
・仕事の全体設計図をベースにしてスケジュールを
意識しながらTO DO LISTを作る。

冒頭に本書の構成が説明されており、こんな風に読んで下さいと、マップが示されているので、読み進めやすい。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1214・・・「メタ思考トレーニング」(細田功氏著) [読書]

メタ思考の説明についてはアッサリとした扱い。

具体的にメタ思考の問題→回答、考え方、そしてその応用問題という構成。

本書を通じて日頃のメタ思考のトレーニングに使える
素材を見極める目を養える。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1213・・・「されど日記で人生は変わる たった「1分書く」だけで思考、習慣、行動が好転する 」(今村暁氏著) [読書]

本書を読んで日記を書く気になった。

日記こそ自分を知る為のもっともシンプルなツール。

日記に書くべきことをわかりやすく、納得できる理由で
本書は説明する。

より良く生きる為に日記を書こう。
本書のメッセージ、確かに受け取った。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1212・・・「変革の知」 [読書]

本書の利点は一冊で多くの考えに触れられること。

多種多様な考え方が紹介されていて面白い。

深掘りしたい人は本書の中の参考文献を読むと
良さそうだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1211・・・「粉飾決算企業で学ぶ 実践「財務三表」の見方」(都井清史氏著) [読書]

同様テーマの本よりも、かなり実践的な粉飾の見破り方が紹介されている。

説明を読んでいると、粉飾をする人間の心理や、考え方がよく理解できる。

まず決算書を見たら、ギリギリ無理気味に利益を出していないか、やたらと雑勘定が出ていないかを
見るようにしたい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1209・・・「ビジネス書の言わんとすることを3つに大胆に絞って解説。」(グロービス) [読書]

ビジネス書の言わんとすることを3つに大胆に絞って解説。

いわば、まとめサイトのビジネス書版といったところ。

広く浅く理解するも良し。この本をきっかけに実際に紹介されている本を読むも良し。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1208・・・「人生は、失敗するからうまくいく―ココロが軽くなる30のメッセージ」(ジェームズ・アレン著) [読書]

失敗して落ち込んだときに読んだ。
心がフワリと軽くなった。

環境に左右されない人になることが、本当の幸福。
だから、失敗は必要。失敗は試練である。

最高の人生とは、失敗を糧にして一歩一歩自分を
成長させていく生き方。

失敗して落ち込みそうになったら、読み返そう。
人生は、失敗するからうまくいく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1207・・・「英文ビジネスeメールの教科書 書き方の基本から応用表現まで」(柴田真一氏著) [読書]

著者柴田さんは、NHKの入門ビジネス英語の講師。
わかりやすく、為になるラジオ講師の指導ぶりから
期待して読んだ。
期待通り!
文例はそのまま活用出来る内容。ポイントをしっかり、解説。
メールで伝えるべきこと、注意すべき点の指摘は、
日本語メールにも当てはまると思う。
最後に、アルファベッド順にメール用語集を用意
してあり、とても役立つ一冊。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1206・・・「「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく 」(久保憂希也氏著) [読書]

仕事で数字をどのように使えば良いか。
近年、クローズアップされている問題。

本書は取り立て新しいことを言ってはいないが、
論理的な構成と、効果的な表やグラフ、図解が
素晴らしく、理解しやすい。

大事なポイントは、以下の3点といった具合に、
読んでいて大事な部分と思われる部分を著者が
強調してくれている。

勉強になります。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1205・・・「企業参謀ノート[入門編](大前研一氏著) [読書]

日本人のひ弱さは戦略思考の欠如。
大前さんのこの指摘が刺さった。

本書は、その戦略思考をどんな風に磨けば
良いかをしっかりと提示している。

断片的な知識の回収ではなく、因果関係の
パターンを増やせ。

問題というパッケージの中身を見抜く分析力を
養え。

本書の教えにあるように、考えることを楽し
みたい。

前向きになれた人から成功する。

知のトレーニングになり、勇気をもらえた一冊。

実践編も読んでみたい。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1204・・・「読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン」(リチャード・カールソン著) [読書]

この本を読めて幸せ。
そう思えることが、幸せへの道。

本書は感情の大切さを説き、感情を理解する
必要性を諭し、感情をコントロールすることの
効用を教え、それを実践するヒントを与えてくれる。

今を生きることが幸せ。本書で一番大切な教えだと、私は受け止めた。

1人でも多くの人が本書を読み、幸せに生きることを
考え、幸せに生きて欲しいものだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1203・・・「図解ポケット ドラッカーの自己実現論がよくわかる本」(中野明氏著) [読書]

自己実現とは何か?
何故目標設定が必要なのか?
目標達成するために必要なことは?

わかりやすく、図解付きで筋道立てて説明されている。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1202・・・「図解で身につく!MBAの思考法」(池上重輔氏著) [読書]

適度な情報量に、図解を多用したわかりやすさ。

他の文字だらけの分厚いMBA関連と比較すると、
格段にとっつきやすい。挫折しない。

バランスシートの純資産を資本と表現していたり、
これからはグローバル化の時代など、
書かれた時代故のご愛嬌表現には目を瞑ろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1201・・・「「頭のいい人」のしくみ」(和田秀樹氏著) [読書]

本書が書かれたのは2002年。
その時点で書かれた、
これからの世の中に求められる頭の良さ
が、現在のそれと符合していると感じられる。

著者和田さんの慧眼ぶりに敬服するばかりだ。

頭のいい人がどんな仕組みで頭がいい人でいられるのか。それを知ることが、頭がいい人にあることへの道だと言う。

勉強の仕方、勉強することの意識。
完璧を目指さず、合格点を目指す。
そのような頭のいい人の考え方が、無駄をなくし
効率よく合格するための勉強をする戦略になる。

自分を高める意欲を持つことが大事。
意欲を行動に移すことが大事。
更に言えば、失敗してもそこで諦めず、
他の方法を探ったり、失敗を検証して活かしていく
ことが大事だと著者は言う。共感する。

頭のいい人の仕組みを知ることで頭を少しでも良くしたい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1200・・・「仕事が10倍うまくいくマイナス思考術」(金児昭氏著) [読書]

著者の言うマイナス思考は、行動することを消極的にするものではない。むしろ、失敗の可能性や危険を考えて、早めに次々と手を打つこと。

もちろん、積極的にな発想の危うさを重く見て
慎重に挑戦を回避する必要性を説いている
側面もある。

だが、それも本書を読めば、しっかりした哲学に
基づく判断だとわかる。

意外で面白かった主張を一つご紹介。
上司はウマが合わなくて当然。
上司の調子に合わせようと思わなくていい。
上司に聞かれないことを前提に、気分転換に
上司の悪口を言うことを勧めているのは、
意外で面白く感じられた。

経理の人として偉大な功績を残した著者、金児さん。その金児さんが勧めるマイナス思考。
見習うべき点が多いと感じた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1199・・・「会社では教えてもらえない 人を動かせる人の文章のキホン 」(吉田裕子氏著) [読書]

本書は文章力の大切さから始まり、文章に大切な
概要を述べ、その上で文章の基本39を展開する。

わかりやすさが大事。読み手が読む気力を失わないようにする工夫。

一文50字など具体的な目安は参考にしたい。

実際に取り入れようと思ったテクニックも
少なからず有り。

参考になる良書。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1198・・・「才能に頼らない文章術 」(上野郁江氏著) [読書]

本書は万人に向けて、文章に必要な心得やテクニックを説いている。

読者の視点が無いと伝わらない。
文章の目的を意識する。
読者が興味を持って読み切れる流れにする。

本書は文章に必要な技術を取り上げ、例文として、
まず悪い例を出し、悪い点を挙げ、次に悪い点を
改善した良い文を引き合いに出している。

タイトルに偽りの無い一冊。文章は才能ではなく、
文章術、その文章術のセオリーを守ることが
大事だと実感した。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介そのその1197・・・「[ポイント図解]資金繰りのツボが面白いほどわかる本」(西口貴憲氏著) [読書]

親切な重要用語の解説。

例えば、資金運用表を説明する際の図解のわかり
やすさ。

注意すべき点を明確に強調している配慮。

随所にわかりやすくなるように、丁寧に手がけられている。
章ごとに学ぶポイントが書かれており、理解を
しっかり助けている。

資金繰り入門書として、素晴らしい一冊。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1196・・・「図解する思考法基礎編」(西村克己氏著) [読書]


図解の悪い例、良い例を比較していてわかりやすい。

図解になじみの薄い人間の心のバリアを取り払う
ように展開されているのが良い。

パワポを使って図解を使うことに慣れることを勧めており、参考にしたい。
ケーススタディも実践的で良い。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1195・・・「ビジネスマンのための「習慣力」養成講座」(小宮一慶氏著) [読書]

本書は、習慣力の大切さに語ることから始まり、
習慣のつけ方について触れ、やめるべき習慣に
ついて指摘することで締めている。

特に習慣のつけ方の具体的な教えは参考になった。

良い習慣をつけたいと考えている方にオススメしたい一冊。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブログを作る(無料) powered by SSブログ